9度目となる3.11 | 沢与建設株式会社

資料請求
お問い合わせ・無料相談
沢与建設株式会社
電話 0193-63-1157
岩手県宮古市山口一丁目2番31号
〈営業時間〉8:00〜17:00 〈定休日〉日曜日

9度目となる3.11

 

ワタシ達の記憶に「3.11」という数字を刻み込んだ震災から、今日で9年になります。

例年にくらべ、ニュースや特集も新型コロナウイルスの影響で抑えられている印象です。

ワタシの地元、宮古市では、多くの自治体が追悼式を中止する中、「宮古市東日本大震災追悼式」を市民文化会館で行いました。

 

 

規模を縮小したとはいえ、この日を忘れずに過ごすために毎年、行い続けることが大切です。

あの日、地元建設会社として、未曾有の災害に際し、ケータイも繋がらず混乱を極める中で、自分たちは何から手をつけ始めたらイイのか分からない状況が続きました。

 

とにかく情報収集するために県の土木センターや宮古市役所、建設業協会へ足を運び、被害の状況把握や、行方不明者の捜索協力を自衛隊や消防、警察等と動き始めました。

同時に、分断された道路の仮復旧に着手したり、目まぐるしい日々を送っていたと記憶しています。

 

 

朝目を覚まし、温かい朝食を食べ、学校や会社へ家を出る。

ただいまの声に反応してくれる家族の笑顔。

ごく当たり前のように過ごしてきたことが、本当は奇跡のようにありがたいことなんだと、思わせてくれました。

 

あの日のことを思い返すと、地元の建設会社として、もっともっと様々なことができたんではないかと考えることがあります。

地元のインフラを守り、そこに暮らす人が何気ない当たり前の暮らしができるようにするのが役目とするなら、ワタシ達、地元の建設会社は、その意識と行動力を持ち続けなければいけないと考えます。

あの日、ワタシ達が経験したことは教訓となり、確実に生かされていきます。

 

自分たちには何ができるのか。

何をすべきなのか。

毎年、この日を迎えるたび思い起こすのだと思います。

 

同じ地元建設会社、㈱小山田組の社長のブログです。

あの日のことや思いなどが書かれていますので、一読していただければと思います。

 

 

 

 

 

サイエンスホーム宮古店では、実際に住まわれているお家を施主様のご厚意で見学することができます。

来て見て触って体感する

木のぬくもりを直接感じてみたい方は下記のお問い合わせから、「住んでるお家を見学したい」にチェックを入れてお問い合わせフォームからお申し込み下さい。

お問い合わせはココから

 

「住むほどに家族が笑顔になる住まい」をつくる

サイエンスホーム宮古店/沢与建設株式会社

佐藤 隆一

 

■沢与建設株式会社 ホームページ

https://www.sawayo.co.jp/

■沢与建設株式会社 フェイスブックページ

https://www.facebook.com/sawayokensetu/

■サイエンスホーム宮古店 フェイスブックページ

https://www.facebook.com/sciencehomemiyako/

 

2020年03月12日 | カテゴリー: スタッフブログ
無料相談・お問い合わせ・ご来店予約は、こちらから!