「親父の小言」から思う日本人の感覚 | 沢与建設株式会社

資料請求
お問い合わせ・無料相談
沢与建設株式会社
電話 0193-63-1157
岩手県宮古市山口一丁目2番31号
〈営業時間〉8:00〜17:00 〈定休日〉日曜日

「親父の小言」から思う日本人の感覚

季節がら、

そとでBBQもいいですが、

美味しい焼肉屋さんに行くのもイイですね (^.^)

 

よく行く焼肉屋さんに

飾られている・・・

 

《親父の小言》

 

読んでいると

「なるほどな~」と

何気なく見ていたのですが、

 

 

ふと気になったので、

グーグル先生に聞いてみましたビックリマーク

(先生は大概のことは教えてくれます゚( ̄ー ̄)b)

 

 

もともとは、

嘉永5年(1852年)に

江戸・神田に在住の方が

書かれたと考えられているそうです。

 

 

ワタシが目にしたものは、

「大聖寺版」と言われてるもので、

 

福島県浪江町にある大聖寺の住職である

「青田暁仙(あおたぎょうせん)」和尚が

書かれたものを、

 

大聖寺町内にあった

「松葉屋(現:株式会社マツバヤ)」が

贈答用として商品化したところ、

 

評判が評判を呼び、

全国へと広まっていきました。

 

 

なぜ、こんなにも支持されることになったのか?

 

 

ワタシも

「いいね゚( ´∀`)bグッ!」と

思った一人ですが。

 

 

一つひとつ読んでみると、

昔も今も

こんなことを親父は言うんだろうなと。

 

そう思える人が

時代を問わずに

いるためなのでしょうね。

 

私達日本人の感覚は、

江戸時代だろうと、

令和だろうと、

 

良いと感じられるものは

長きに渡り

支持されてきていると思います。

 

サイエンスホームが建てるお家は、

昔から神社・仏閣で採用されている

木の柱を見せる工法でつくります。

 

 

昔の人は知っていたんですね。

 

湿気の多い日本は

《木の呼吸》

お家にとっても、私達にとっても

必要だということを。

 

木の柱は

一年中呼吸しています。

 

梅雨時期の湿気の多いときは

それを吸ってくれます。

 

逆に冬の乾燥した時期には

湿気を吐き出してくれます。

 

そうすることで、

室内の湿度を

一定に保とうと働いてくれます。

 

 

木の働きをたくさん感じられる

サイエンスホームの空間を知ると、

 

「やっぱり日本人は木が好きなのかな?」

 

「木に囲まれていると落ち着くね」

 

といった印象を

きっと持ちます(≧∇≦)

 

 

サイエンスホーム宮古店では、

実際に住まわれているお家を

施主様のご厚意で見学することができます。

 

お問い合わせ頂き、

ぜひご覧になって見てください

お問い合わせはこちらから

https://www.sawayo.co.jp/contact

 

スタッフ一同、お待ちしております。

 

 

2019年07月27日 | カテゴリー: スタッフブログ
無料相談・お問い合わせ・ご来店予約は、こちらから!

公式Line登録はこちら